機械システム科

機械システム科(※「生産システム科」過程は、平成30年3月まで存続します)

 機械の設計および製作方法など、ものづくりに関する知識と技術を身につけ、将来の産業社会で主体的に活躍できる技術者の育成を目指しており、ロボット技術など、将来における技術革新にも対応できるよう、旧来からの機械技術系科目だけでなく、メカトロニクス系科目も配置し、バランスの取れた教育課程を編成しています。
 本学科卒業生は、6ヶ月以上の実務経験後、3級自動車整備士の受験資格が得られます(※指定学科以外の高卒者が上記受験資格を得るには通常、1年以上の実務経験が必要です)。

取得可能な資格や検定

危険物取扱者、ガス溶接作業者、アーク溶接作業者、技能検定3級 普通旋盤作業(国家検定)、機械保全技能検定3級(国家検定)、パソコン利用技術者検定、計算技術検定、二級ボイラー技士、小規模ボイラー取扱者

平成27年度の進路実績