学校長あいさつ

学校長挨拶

第8代校長 大城 正

 本校は、創立16年目を迎え、県内で一番新しい専門高等学校であります。校訓の「自主」「創造」「飛躍」の理念のもと、豊かな教養と人間尊重の精神を基盤として、知・徳・体の調和の取れた人格の形成を目指し、工業、商業、情報の専門分野の知識/技術を習得し、平和で活力のある社会の形成に貢献できる人材の育成を教育目標として歩みを進めております。

 名護商工生には、高校生活を送る上で次の3つのことを期待しています。

 一つ目は、色々な資格取得にチャレンジすること、専門的な技術を身につけて進学・就職することを目指してください。多くの先輩方の実績を参考に、早い段階で目標を設定し、「なりたい自分」から「なれる自分」お目指して努力してください。失敗するかもしれないことに不安を抱き、何もしようとしないことがあるかもしれませんが、失敗のリスクを避けるのではなく、成功する可能性に賭ける習慣を身につけてください。

 二つ目は、地域の人々から愛され、信頼される名護商工生になってください。そのためには、高校生活には必要な「校則」があります。集団生活の規律を守ることは、お互いの高校生活を有意義にし、楽しく気持ちよく過ごすための基盤となります。しっかりとルールを守り、地域から愛され、信頼される名護商工生になりましょう。

 三つ目は、「当たり前のことが当たり前にできる」「毎日を最大限に生きることができる」名護商工生になることです。基本的な生活習慣を確立し、「あいさつができる」「時間を守る」「人の話を聞く」など当たり前のことを自ら率先して実践できる生徒になってくれることを期待しています。

 教職員一同、生徒一人ひとりの進路実現に向けて取り組んでいくところでありますが、保護者、同窓会、地域の方々のご協力なしでは生徒の進路実現は叶いません。是非、ご支援をよろしくお願い致します。

 

3つのC
   Challenge(挑戦すること)
   Change (変化すること)
   Chance (運をつかむこと)


令和4年4月吉日